Skip to content

受講生からの感想①

1月8・9日に開催された《セラピストのためのアレクサンダー・テクニーク》2日間ワークショップに参加させていただきました。
大変に貴重な勉強をさせていただき、誠にありがとうございました。
長文で申し訳ありませんが、ワークショップ後の体験をメールさせていただきます。

ワークショップ参加後、一週間、職場で仕事を通じ、自身が大きく変わったことが実感できました。大きな変化として、利用者様の背中など、体がとても小さく感じるようになりました。今まで肩や背中の凝りを訴えられた時は、首筋から始めて背筋、肩甲骨の間、胸腰移行部、腰椎、骨盤帯、と順番にリラクゼーションをかけていっていました。上から下まではとても遠く感じられ、首から殿部までなど、はるか遠い道のりを辿って行くような気さえしていました。ところが、ワークショップ後、ある程度自分の体勢を整えて、自分の手全体で触れてみたところ、左右の手の平を合わせれば、首からお尻まで届いていたのです。両手の平を使えば、背中全体を一度に触れることが出来ました。それくらい自分の手が大きいことに気がつけたのです。元々自分の手は大きい方で、他人と手の平を合わせると、大体一関節くらい、自分の手の方が大きいことが多いです。自分より大きな手をしていたのは現役の相撲の力士の方くらいでした。そういう意味で、私自身は自分の手が大きいことを知っていた筈なのです。にもかかわらず、利用者様に触れる時はその手の大きさを忘れていました。今まで私は、自分の手の平をほとんど使えていなかったのだと痛感しています。今まで自分と利用者様との間、触れ合いは点でしかありませんでした。しかし、ワークショップ後は、面で触れ合うことが出来ています。今後もワークショップで学んだことを活かし、面で大きく触れ、包み込むように、寄り添うように利用者様と触れ合って行きたいと思います。
貴重な勉強をさせていただき、本当にありがとうございました。

 

No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: